アーユルヴェーダについて

5000年もの時を経て変わることのない教え、インドの伝承医学 AYURVEDA

Ayurveda

サンスクリット語でAYUS アーユスは生命、寿命をVEDAヴェーダは科学、あるいは真理を意味し、この二つの言葉から成り立っています。 

アーユルヴェーダで言う「生命」とは単に肉体のみではなく、感覚器官、精神や魂を包括したもの
の事を言います。
その根幹には「輪廻転生」の思想があり、肉体とは今生、生まれた目的を遂行するために神から授かった借り物であるという考えが基にあります。 

アーユルヴェーダが唱える健康とはただ単に苦悩や病気から解放される状態というだけではなく、物理的妨害を受けることなく、精神的で霊的な幸福な人生を楽しんで送る事と言われています。

体も心も健康であること、それを教えてくれる大切な予防医学でもあります。

トリドーシャ  体と心を動かすそれぞれの3種類のエネルギー
トリTRIは3つを意味し、ドーシャDOSHASは身体機能を生じさせる(生命エネルギー)のことです。
古代から万物は5つの元素から成り立ち、物質と精神のあらゆる状態はこの五大元素、空、風、火、水、地のエネルギーで表すことが出来ると考えられています。 
アーユルヴェーダではこの5つの元素をさらに整理して3つのエネルギーに分類したものが
トリドーシャ理論(3つの基本要素)なのです。

Vata ヴァータ風、空運動、神経作用
Pitha ピッタ火、水代謝、消化作用 
Kapha カファ水、地体力、免疫力 

この3つのドーシャがそれぞれお互いに影響しあい、助け合い、バランスをとりながら生命活動を営んでいます。
ドーシャは宇宙全てに存在し、私たちの生命体もそのエネルギーで構成されていると考え、1日の中の時間帯や季節の移り変わり、風土、気候もそのドーシャの支配を受けているのです。

心の基礎となる3種類のエネルギーはトリグナと呼ばれています。

Satowa サットヴァ純粋性
Raja ラジャス力強さ、動性
Tamas タマス不活性、停滞性

トリグナは心だけではなく体のドーシャにも大きく影響を与えていて、トリドーシャの内にトリグナが含まれると考えられています。

私たちは日々の生活の中で偏った食事や生活習慣を送りがちです。そうした乱れから代謝が滞り、体内でアーマ(未消化物や毒素)が溜って不調和をおこし病気の原因にもなっていきます。
蓄積されたアーマを排出して、自分の体質(Prakrtiプラクリティ)を知り、生まれながらの本来のドーシャバランスに正して整えることが大切です。
それが私たちがいつまでも若く健康で生き生きと豊かに過ごすコツなのです。